プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

けもフレ2

【けものフレンズ2】ゴドーを待ちながら

これまで「けものフレンズ2」のストーリーが酷い、1期の劣化版、伏線回収がないのは何故なのか、そのようなことが理解できずに苦しんでいた。いくら何でもそこまで何も考えていないはずはないと。しかし色々な騒動が明るみに出てくるし半ば諦めていた。ア…

【けものフレンズ2】敵の土俵に乗ってしまった2期

「けものフレンズ2」の騒動は、たつき監督の土俵に製作委員会が乗ってしまったことが原因だった。 けものフレンズがロードムービーである必要はなかった たつき監督は2作目も自分の土俵を選択 なぜ土俵に上がったのか たつき監督のロードムービー観 たつき…

【けものフレンズ2】騒動をビジネス的に考える

あーあ、なんでこうなるのかという感じ。けものフレンズは、非常に良いコンテンツになり得たのに。消滅しかかったコンテンツを敗戦処理を任せた投手が、なぜかホームランを打ったというミラクルだったのに。「けものフレンズ3」でスタンバッているセガが可…

【けものフレンズ2】色々な失態…謝罪文なのかこれ?

ー引用元(2019.04.15): Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved. https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/kemono-friends2/news/ 「けものフレンズ2」(2期)は、1期と比べて、ストーリーのの進め方が異なる、というか有り体に言えば、伏線…

【けものフレンズ2】比べるのは仕方ない

‪けものフレンズ2をポジティブに読み解こうとして来たけれど、ダメだった。これまでできるだけ避けていたが、‬「けものフレンズ2」と名乗る以上、「けものフレンズ」と比べられるのは仕方がないので比較してみる。(このエントリは、少しずつ書き足して行…

【けものフレンズ2】第12話「ただいま」

ついに最終回。キュルルが走り、他のフレンズはキュルルを手分けして探すというところからスタート。何かここだけ見ると、キュルルは、危機事態に単独行動する迷惑者だな。 破られたスケッチブックの最終ページ 絶滅したリョコウバト キュルルを助けるフレン…

【けものフレンズ2】「ケムリクサ」との類似と相違

あまりに似ている。どちらかがどちらかのストーリーを知っているとしか思えない。まあ、たつき監督もけものフレンズの企画側で2期の大まかな設定は共有されていたのだろう。で、たつき監督は、それを「ケムリクサ」として表現したと。 これは、たつき監督版…

【けものフレンズ2】第11話「うみのごきげん」

満を持しての第11話。最終回に向けて最大の盛り上がりが期待されたこの回。謎はどのように料理されるのかと期待したが、いつも通りのけもフレ2だった。 アバンタイトル無し おうち探しの意味 形態模写型セルリアン 最終回は何を解決するのか? 第11話ラ…

【けものフレンズ2】ラストに向けて分からないモノとコト

「けものフレンズ2」第10話終了時点で、ラストに向けて分からないことを挙げてみる。 スケッチブックとおうち探しの関係 情報収集力の低さ ガイド役の限界 形態模写セルリアン サーバル無敵フラグ ラッキービーストのモブ化 スケッチブックとおうち探しの…

【けものフレンズ2】第10話「ちえっくいん」

この第10話は、急に色々哲学的な話が出ている気がする。なぜなのか分からないが。そんな高尚なアニメだったのか、「けものフレンズ2」。 唐突なスケッチブック発見 思い入れに反応するセルリアン 形態模写型セルリアン 置き去りビースト イエイヌ再び ア…

【けものフレンズ2】けものフレンズのラスト

けものフレンズの世界のラストは、どうしたって1期エンディングの世界にしかならない。これについて見ていく。 結末を避けた1期 2期のギスギスした世界 忍び寄る破滅 結末を避けた1期 この明るくない未来を、1期本編ではエンディング以外では明示せず、…

【けものフレンズ2】本当の敵に気づかないフレンズ

ジャパリパークにおけるフレンズとしての生き方とビーストとしての生き方はどちらがけものにとって良いかについてと、パークの問題について見ていき、その上でフレンズにとっての敵は誰なのかについて考える。 フレンズの衣食住 フレンズの衣 フレンズの食 …

【けものフレンズ2】ネコ科の優遇

2期は、どう見てもネコ科優遇で、イヌ科は逆に試練の役目かなぁ。1期はそうでもなくて、かばんちゃんを追うフェネックを始めとして、漫画家のタイリクオオカミやギンギツネ、キタキツネがいい味出していたのだけれど、2期での扱いは厳しく、イエイヌの扱…

【けものフレンズ2】ラッキービーストとビーストとポケモン

なぜ「けものフレンズ2」にはラッキービーストとビーストという全く異なるものに紛らわしい名前を付けているのだろうか。ラッキーとつくからには、ラッキービーストはよほど幸運に恵まれ幸せに生きているのだろう…と考えて、整理してみた。 ラッキービース…

【けものフレンズ2】何故「家族」ではなく「おうち」を探すのか

「けものフレンズ2」で、最初から違和感を覚えることがある。それは、何故キュルルは「家族」ではなく「おうち」を探しているのかということだ。 スケッチブックを書いた記憶 おうちについて コールドスリープカプセルについて カプセルに入っていた理由 家…

【けものフレンズ2】何故かばんさんはキュルルに会って感動しなかったのか

かばんちゃんはヒト探しの旅に出ていたはずなのに、なぜパークで研究なんかしているのだろう。 どれだけの月日が経ったのか かばんさんの住居のものものしさ かばんさんは何をしているのか かばんさんはなぜ博士といるのか かばんさんはなぜパークにいるのか…

【けものフレンズ2】イエネコについての妄想

妄想です。サーバル、カラカルとネコ科フレンズが主人公キュルルの脇を固め、第9話でイエイヌが登場したことから、最終話に向かっては、イエネコが登場し、物語の鍵を握るのではないだろうか。 サーバルとカラカル イエネコ ネコ科3フレンズ+1揃い踏み …

【けものフレンズ2】第9話「おうちにおかえり」

思わせぶりなタイトルだった。まあ、このタイトルから、登場するのは犬のフレンズとは想定できたけれど。それよりも中身が…。登場人物がストーリーに動かされているとかいう次元ではなく、もう物語という体をなしてなくて、誰かがやってるロールプレイングゲ…

【けものフレンズ2】キュルルに帰る家はあるのか?

「けものフレンズ2」において、ちょっと悲しいことに気づいてしまいました。キュルルが、自分はフレンズではなくヒトだと何回か言っていたり、スケッチブックを元に自分のいたおうちを探すとも何回か言っていたが、これ、実はフラグであって、ブーメラン的…

【けものフレンズ2】たいとるについて

「けものフレンズ2」のタイトルについて、1期のタイトルと比較しながら考察してみた。 ひらがなであること タイトルの表す中身 1期のタイトル 2期のタイトル 1期と2期のタイトルを眺めて ひらがなであること けものフレンズの各話タイトルの最大の特徴…

【けものフレンズ2】説明しないアニメが説明するとき【第6話考察】

第6話「あたらしいあさ」についての考察。 けものフレンズは、言わずと知れた説明のないアニメ。1期からそうであった。しかし2期も折り返しとなって、ちょっとしたイベントが用意されていた。かばんさんの登場である。これは物語に大きな影響を及ぼすエピ…