プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【ハグプリ】虹との関係


プリキュアでは各人の色について考察することができる。特に早い段階で5人以上の体制となるプリキュアの場合、虹の色との関係を見ることで分かることがある。ここでは、ハグプリの5人のプリキュアについて、各人の色と虹との関係を考察する。

虹のプリキュア

プリキュアで虹といえば、プリアラのキュアパルフェ。キュアパルフェは、元々妖精がプリキュアに変身した。追加プリキュア。

ハグプリにおける虹(担当色)

一方、ハグプリでは、ただいま、絶賛虹埋め大会開催中。まず、プリキュアになった色は、次の通り。
赤橙黄緑青藍紫
④◯③◯②◯⑤
①キュアエール、②キュアアンジュ、③キュアエトワール、④キュアマシェリ、⑤キュアアムール(登場順)
①は、虹の色にない特別な色。バランスよく緑を外してやがる。

ハグプリにおける虹(ミライクリスタル)

ハリーが、ミライクリスタル集めを行なっているのだが、収集状況はこうなっている。
赤橙黄緑青藍紫
⑦⑤③◯②④⑧ (数字は登場順)
①⑥は、エールのもので、これも虹の色にない色。露骨だな緑外し。さらに追加されたミライクリスタルが、⑨ルージュ(⑤と⑦の間)⑩バイオレット(④と⑧の間)って、おい、そこまで緑避けるか。で、これらも踏まえて、ハグプリにおける緑色の位置付けを考える。

虹及び色相環における緑色の位置

プリキュアの色とミライクリスタルの色。これらは登場順から見ても、明らかに虹(もしくは色相環)を意識している。先ほどの配置をもう一度見てみる。
赤橙黄緑青藍紫
④◯③◯②◯⑤
緑色は、虹の中心である。①のキュアエールは、主人公なので別扱いで虹の外のピンクであるが、では、ピンクは虹の色に対してどういう関係にあるかというと、色相環からは、緑の反対色になる。
つまり、
赤橙黄緑青藍紫
虹の色:④◯③◯②◯⑤
反対色:◯◯◯①◯◯◯
ミ青藍桃橙黄◎</br (ミ:ミントブルー、◎:黄緑) これをみると、ピンクの特別感出る。他の4色を統べる色。そして、緑が(少なくとも現在のところ)ないことにも、一応、納得できる。
次にミライクリスタルであるが、これも同様に考えられる。
赤ル橙黄緑青藍バ紫
虹の色:⑦⑨⑤③◯②④⑩⑧ (数字は登場順)</br 反対色:◯◯◯  ①⑥  ◯◯◯
桃の特別感が光る…と同時にここまで避けられる、緑色。緑色は、こんな人が持ってるんじゃないかな。ジョージ・クライね。ジョージの持つ本の表紙に緑の菱形みたいなの描いてあるんだよねぇ。空いた緑のスペースは、今の所、クライアス社長の手にあるのだろうね。
虹の色の関係で言うと、こういう関係にあると。
虹の色:④◯③ク②◯⑤
反対色:◯◯◯①◯◯◯

ジョージ・クライはハグプリの中心人物?

ジョージ・クライが、はな以外のプリキュア側の中心にいて、時間を止めるのが幸せと考えているところが良い。これから、はなも含め、プリキュアたちが成長していく過程で、その成長を止めようとするのが、色でいうとはな以外のプリキュア側のジョージ、応援して成長させようとするのが、反対色側のはなという構図が浮き彫りになっている。
こういう構図を視覚化できるハグプリは、ホントよくできてる。