プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【ハグプリ】第27話 ママ回終わってパパ回へ。親シリーズ継続中


お母さんシリーズの継続

お母さんシリーズは、第25話はなママ、第26話ほまれママ、第27話さあやママの3話で終わりだと思っていた。しかし、高校野球で1週、間に入ったけれど、まだママ回は続いていて、最後がこれだったか。
出産…ここにも踏み込むのか、ハグプリ。アグレッシブだわ。しかも、微妙に2回連続のさあや回。

労働と報酬に対する考え方が微妙

先生を修行名目で無報酬で働かせるとか(報酬有りならもっとダメだろうけど)…
チャラリートまで無報酬で働かせるとか…
それどころかネズミまで働かせるとか…
えみるとルールーは、ビューティーハリー空けて外出てくるし…(お昼のお弁当が届かないと言うのは、食に対する飽くなき探求心と食い意地のあるルールーに留守番させたのが間違いか)
元クライアス社員が立ち上げた会社の社長は、パップルだし…(先生の奥さんに専用タクシー出したらんかい)
はな、さあや、ほまれは先生の家に先生が無報酬労働のために家を空けるから奥さんの手伝いにくとか、ちょっとどうかしてる…まあ、結果的には、緊急事態に対応できたけど。チャラリートにはぐたん抱かせるとか…元とはいえクライアス的な意味でダメだろ。

意外にもストーリーは職業体験につながる

さあやは、今回の出産立会いで何かを得ている。間に休みを入れたといえ、2話連続でさあや回だし、オープニングで女医のコスプレしてるし、やはりさあやは、女優やめて女医コースか。そうなると、ハグプリ初期メンバーで、将来目指す職業は、オープニング曲中で最初に変身する、さあやは女医、はなは花屋、ほまれはキャビンアテンダントで、ほぼ決まりかな。

真の投資家を見据えた今話の脚本

しかし、今回は、宅配の女の人が駐車場無いだけで猛オシマイダー化とか、これまでもそうだけど、それっぽっちのトゲパワワで良いのなら、凄く効率的だなぁ、クライアス社のお仕事。さすが未来から来ているだけある。お盆で、祖父母層が観るからか、何かトーンがこれまでのハグプリと違って、普通のプリキュアだった。これまでは、ギャグ回と見せかけてシリアスとか、シリアス回と見せかけてギャグとかばかりだったから、久しぶりの感覚。まあ、たまには良いよねという風に思う…こと自体、やはりハグプリは、異質…、と流してしまいそうな中、衝撃の写真が出て来たわ。

ルールー・アムールは1人なのか

トラウムが持つ写真に写る人物?は、ルールー本人(RURー9500)なのだろうか?リストルによると、ルールーは、クライアス社の製品と言うことだから、ルールー的なアンドロイドは何体もあるという考えも捨てられない。RURー9501とかRURー9510RとかRURー8590ZZみたいな新旧ルールーもどきが今後続々登場したら、確かにトラウマだわ。ルールーのアイデンティティに関わる問題になる。それとも、この写真のルールー似の女性は、鉄腕アトムの飛雄(トビオ)的な生身の人間なのかもしれない。これはこれで怖い。なんかかなり怖いことが、それほど大したことでも無い扱いで飛び出すところが、やはり安定のハグプリだった。

ママ回からパパ回へ

あと、冒頭に、ママ回のラストと書いたが、訂正する。パパ回だわ。
この回でパパになった先生、現役パパのはなパパ(野乃森太郎)、(元?)パパであるトラウムまで登場して、パパパターン網羅しているのに対し、ママは、先生の妻というキャラ付けしかない先生の妻(他に表現しようがないため繰り返し)しか出て来ていないのだから。というか、そもそも、この回のタイトルが"先生のパパ修行!"なんだから、当たり前か。
これは、パパ回始まったな…と思ったら、予告では、次回は犬の恋愛回ということらしい。なんたる肩透かし(とみせかけて驚愕の展開という毎度のパターンを期待するが)。まあ、そいうことで、ハグプリのなんでもない回は、やはり、実は全然なんでもなくない、安定のハグプリだったということでした。

《おまけ》

ルールーの二世代前くらいの旧モデル。見てみたいなぁ。ツンのチューニングがまだできてなくて、強目とかね、たまらん。