プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【スタプリ】4人揃った初期メンバー


遂にスタートゥインクルプリキュアの初期メンバーが揃った。これについて見てみる。

過去プリキュアとの比較

必殺技

ピンクキュアスターの謎技、青緑キュアミルキーの電撃、黄色キュアソレイユのサッカー、紫キュアセレーネの弓…色の対応は異なるが、スマイルプリキュアに近い技のバリエーションである。スマイルではピンクキュアハッピーは謎技、黄キュアピースの電撃、緑キュアマーチのサッカー、青キュアビューティの弓である。スマイルは5人なので、あとはキュアサニーの炎が残っている。スマイルプリキュアには追加メンバーはいなかったが、スタートゥインクルプリキュアにせなわ追加メンバーがいたら、炎技だろう…と言いたいところだが、キュアソレイユが既に炎を兼ねている可能性が高い。

ピンク、青緑、黄、紫…これは、ハートキャッチを彷彿とさせる。黄色と紫がお姉さん的キャラという点で似ているし、青緑がタイプは違うがこれまでにない個性派キャラというのも同じ。そして、ピンクが、ハートキャッチでは青緑に振り回される役、スタプリではその逆っぽい。

学年構成

ひかるとララが中二、えれなとまどかが中三。これは、のぞみとりんが中二、こまちとかれんが中三のプリキュア5を想像させるが、プリキュア5は、レモネードという中一もいる。ということで、スタプリでは、追加メンバーとして中一が期待される。

スタートゥインクルプリキュア内での比較

個性

星奈ひかるは中二。何でも思いついたら行動に移す。何かしていても更に面白そうなものがあれば、そっちに興味は向かう。
羽衣ララは中二相当(宇宙人に学校はないため)。データ主義。しかもデータ処理その他もAIまかせ。ララは判断だけする。しかし結果を聞いてあたふたするだけで、肝心の判断力がまだ稚拙かもしれない。ただし宇宙船を焦りも見せずコツコツ修理しているので根気はありそう。
天宮えれなは中三。スポーツ万能。人望厚く弟妹の世話もフラワーショップの店番もして親を助ける
香久矢まどかは中三。全て万能。お家柄もよく人望も厚い。しかし第5話でプリキュアになって宇宙人と戦うという秘密を親に対し持つことになる。

全体のバランス

こうして見ると中二組と中三組でスタート時点の能力差、特に心の落ち着きように差がありすぎな気がする。ただし、天宮えれなは弟妹の世話、もしくは親との関係、香久矢まどかは秘密を持たない香久矢家において父親の考えに反する様な秘密を持ってしまっている。学校では完璧に近い2人とも家族関係に問題となりそうな設定がある。この設定はどう生かされるのか。これまでの話から見て天宮と香久矢は伝説の中三、プリキュア5の水無月かれんを始めとした先輩プリキュアとはまた違う先輩キャラの様なので楽しみである。

変身後の名前

キュアスターは主人公だからなのか、一般名詞で星を指す"スター"を名乗る。キュアミルキーは銀河系・天の川を指すミルキーウェイから来ている。中二組は天体絡みではあるが1つの星を表す名前ではない。一方、中三組は人類にとって身近な固有の星の名前を持っている。キュアソレイユが太陽、キュアセレーネが月である。この使い分けは何らかの意味を持つのだろう。また、追加プリキュアはこのどちらのタイプの名称かで、中二(もしくは宇宙人なら中二相当)なのか、中三なのかが、自動的に決まるであろう。なお、一般名詞、固有名詞でいえば、キュアスター以外は固有名詞であり、主人公は特別扱いということになる。