プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【スタプリ】親のこと、パパのこと


スター☆トゥインクルプリキュア第5話が終わり、プリキュア初期メンバーが出揃った。ここで少し気になることがある。

親のこと…いやもっと言うとパパのことだ。

f:id:cure_researcher:20190310070613p:image

【図1】なぜか最初に姿を現したパパはプリキュア覚醒が初期メンバーでは最後のキュアセレーネのパパ

スタプリの親

初期メンバーの親については、まだ全員について言及はないが、これから明かされていくだろう。

キュアスター星奈ひかる

母親は第1話で登場する。しかし、ひかるの部屋はパパの書斎だったとは言及されたが、父親は今どうしているのかは明かされていない。

キュアミルキー羽衣ララ

親に関することは現状全く分からない。そもそもララは宇宙人なので、誕生方法からして有性生殖でないかもしれないし、親に関する概念が異なるかもしれない。ララはAIから色々学ぶので学校というものが必要がないとも言っている。これはさらに考えを進めると、AIに育ててもらうから、母性や父性のある親というものに重きが置かれない、もっというと子と親の絆は不要で、親は子を子は親を知らない世界であるということもあり得る。

キュアソレイユ天宮えれな

親はまだ登場していない。しかし、未成年のえれなが弟妹の育児とフラワーショップ営業を親との同居なしで1人でこなしていると考えることは無理である。よって父母の少なくとも一方は同居していると思われる。親とではなく祖父母かもしれないが、少なくともえれなに保護者は必要である。

キュアセレーネ香久矢まどか

両親は第5話で揃って登場した。母親満佳は天然系で父親香久矢冬貴は曲者系。冬貴は、ハグプリにおける愛崎えみるの兄愛崎正人的な臭いがする。正人が男女の役割について偏った思考であったように、冬貴は人々を支配層と被支配層に分け自分の家族は支配層にいるという偏った思考を持っているようだ。しかも宇宙人狩りをしている。冬貴の考えの偏りは、正人対比遥かにスケールが大きい予感がする。ありそうなのは、ノットレイダーに地球が占拠され、冬貴自身が被支配層になってしまうこと。そうなれば恐らくプリキュアの典型的パターンとして、冬貴は改心して宇宙人ララを擁するプリキュアに協力的になるだろう。

スタプリのパパ

スタプリにおいて第5話までに登場したのは未だ香久矢冬貴のみ。4人プリキュアがいて、4人目の父親に「冬」がついている。ということはアレだな…と予想して公式ホームページの"とりまく人々"を見てみると、あ…となるであろう。ひかるの親族に春が名前についている者を探すと、星奈春吉という者がいる…やはり1人目の星奈ひかるの父親に「春」がついているかぁ…と思った、次の瞬間裏切られる。星奈春吉さんは、ひかるの祖父であった。まあ、息子の名前に親の名前の一文字を与えることはあるので、父親の名前に春がついている可能性は残っている。まあ、とりあえず父系尊属に四季が付くことは分かった。しかも、登場順に春夏秋冬と、つまり、ララのパパ?に「夏」、えれなのパパに「秋」が割り当てられるだろうことも。

ハグプリはママに、スタプリはパパに着目なのか?

ハグプリは母親回が初期メンバーのそれぞれにつき2回ずつあった(主人公の野乃はなについては1回ともみなせるが)。それも集中して放映されていたので、ママ回は意図的であった思われる。父親は、主人公はなについては描かれていた。さあやについては、母親のサポート役としての父親像が、ママ回の中で描かれていたが、これは両親回とまでは言えず、やはりママ回である。ほまれについては両親が離婚して母方についているので、父親は母親のセリフの中に出てくることはあったが、姿は描かれなかった。しかし、スタプリでは、父親の名前にそれぞれ四季を埋め込んでいる可能性が高く、わざわざそのようなフラグ立てをするということは、パパ回があることを期待させる。