プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【けものフレンズ2】何故かばんさんはキュルルに会って感動しなかったのか


かばんちゃんはヒト探しの旅に出ていたはずなのに、なぜパークで研究なんかしているのだろう。

1期のかばんちゃんの旅の目標は、最初は自分が何のフレンズか知ることで、ヒトと分かったあとは、他のヒトに会ってみたいというものであった。2期までに色々あったにせよ、成長したかばんさんはキュルルというヒトに会うことができた。しかし、かばんさんはサーバルちゃんには何らかの感情を有した表情を見せるが、キュルルに対しては、特別な感情を出していない。これは何故なのだろうか。

どれだけの月日が経ったのか

キュルルのスケッチブックと現状を比較すると、最近破壊的事象があったか、キュルルがスケッチしてから相当の時間が経過したかのどちらかであるが、破壊的事象の話はフレンズの誰も口にしないことから、相当の時間が経過したものと思われる。1期のかばんちゃんの旅の際も、施設がメンテナンスされず痛んでいたものが多かったことから、キュルルがカプセルで眠りについたのと、かばんちゃんが誕生したことの後先は不明。かばんさんは純粋なヒトではなくヒトのフレンズなので年齢に伴う老化があるか否か不明だが、2期では、表情が大人びていて、行動もかなり落ち着きがあることから、1期対比、5〜20年ほど経過していると思われる。

かばんさんの住居のものものしさ

かばんさんの住居が壁に囲まれ、入るのも電動制御されており、とてもフレンズには立ち入ることはできなさそう。これ、調理器具もあるし、元々はパークの管理人とかそういう人向けの施設だったのではないか。但し研究施設が併設されていることから、ここが実は動物実験の場であったということも否定できない。壁は、フレンズもしくはビーストが勝手に入ってこないようにという意図で作られたのだろう。ここで、博士と助手がかばんさんと住んでいるように見えることに着目。博士と助手は、1期では図書館と呼ばれる施設に住んでいたもしくは日中を過ごしていた。そこはオープンエアになっており、閉塞感が無かった。一方のかばんさんの家は、壁に囲まれ、天井もある、まあ、現代日本では、公共施設等でよく見るタイプの建物。

かばんさんは何をしているのか

パーク内の建物でかばんさんは何をしているのかは、第6話「あたらしいあさ」で「サンドスターのもたらす効果について研究している」とかばんさん自身が言っている。

かばんさんはなぜ博士といるのか

そもそも、1期では、最終話でも、ヒトのフレンズという認識のかばんちゃんであったはずが、2期で登場した途端に、パークの長を自認する博士と助手より上のポジションにいるのだろう。別に知能が上であっても、対等のポジションもしくはへりくだったポジションでも1期のかばんちゃんなら受け入れられたと思う。それが何故か博士を助手として鍋を作れと命ずる立場になるとは。かばんさんに何があったのか…と思ったが、そうではないかもしれない。かばんさんは、博士を研究仲間としか言っていない。博士が、自身のことをかばんさんの助手と言っているだけである。鍋も作れとは言っているが、よく考えればキノコはかばんさんが取ってきているので、食材調達と調理の分業ということであれば、博士とかばんさんは対等な関係である。かばんさんは共同研究にはフレンズの力が必要ということで協力を求めたのだろう。

かばんさんはなぜパークにいるのか

サーバルちゃんを救うためだな、きっと。ほのめかしはあるが明確な描写はないけれど。サーバルちゃんは、第6話「あたらしいあさ」で、砂時計を見て「すな…」と言ったし、第7話「すぴーどのむこう」にて、カラカルが「なんなのあれ?」と言った乗り物を「トラクター?」と言い当てていたことから、1期のサーバルちゃんの記憶を有している。つまり1期と2期のサーバルちゃんは同一個体であることはまず確定なので、かばんさんは恐らくサーバルちゃんの記憶を取り戻すための研究をしているのだろう。もしくは、サーバルちゃんがビースト化しないような予防の研究とか。

かばんさんに何があったのか

かばんさんは、ヒトに会いたいと海を渡る決心をしたにもかかわらず、今現在はパークで研究活動をしている。この間に何があったのだろうか。第9話まだに描かれていることからは、サーバルちゃんとの悲しい別れがあったのは想像できる。どのような形かはわからないが、それがかばんさんが研究を行うことの動機で、それほどの衝撃的なことがサーバルとの間に起きたのだろう。それはそうで、かばんちゃんが誕生した直後くらいに出会って、ずっと旅をしてきた仲間だったわけだから。

何故かばんさんはキュルルに会って感動しなかったのか

それ以前に、かばんちゃんは、他のヒトに会えたのだろうか。そこは描写がないのでわからないが、どうも人類は、宇宙ステーションの描写等から、パークからではなく地球自体から脱出しているっぽいので、出会えなかった可能性がある。1期のミライさんの映像は、1期のみだとパークからの避難のように見受けられたが、ヒトに会ったことのあるフレンズがほとんどいないことから、地球脱出の可能性は高い。しかしその場合、なぜかばんさんはキュルルに会った時に驚かなかったのかという点に疑問が残る。しかし、自分と同じく、キュルルもヒトではなく、人が残した毛髪等から生まれたヒトのフレンズという認識だったのかもしれない。毛髪等なら、いくらかパーク内に落ちていただろうから。

最終話への期待

かばんさんは、研究成果を引っさげて、何かピンチに陥ったサーバルを最終話かその1つ前に再登場するであろう。