プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【スタプリ】変身バンクの動きの差


「スター☆トゥインクルプリキュア」に登場する初期プリキュアは、キュアスター、キュアミルキー、キュアソレイユ、キュアセレーネの4名である。彼女らの変身バンクは、華やかさおよび動きにおいてそれぞれの間で大きく差がついている。

f:id:cure_researcher:20190527071346j:image

【図1】華やかなキュアミルキーの変身(http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/2/

以下、YouTube動画は全て「プリキュア公式YouTubeチャンネル」のものです。順番に見ていきましょう。

キュアスター変身バンク

【動画1】キュアスター変身バンク

かわいい…と言えるのは味のある声だけ?というか、ロングショットでカメラ固定が目につく。

キュアセレーネ変身バンク

【動画2】キュアセレーネ変身バンク

スターほどではないがロングショットが多い。動きもスターよりある印象だが、総じてスターとの差があると言い切れるほどではない。ただし、キュアセレーネは、月夜がイメージされており、三日月に座ったり、弓を射る等、そもそもアクションに欠けるカットであることが、また印象の動きのなさに影響している可能性はある。

キュアソレイユ変身バンク

【動画3】キュアソレイユ変身バンク

ロングショットとアップショットの切り替えの動きが前2者に対しついているが、目立つほどではない。

キュアミルキー変身バンク

【動画4】キュアミルキー変身バンク

一目瞭然!カメラとミルキーが連動して映像が目まぐるしく動く。ロングショットとアップショットの切り替えのみでなく、ミルキーの周りをカメラはクルクル回るもしくはミルキーがカメラの前で回る。素晴らしいです!プリキュアはこうでなきゃと思える。登場順では2番目のプリキュアであり、トップバッターのキュアスターの変身バンクがかなり動きに欠けるものであったので、そのギャップからも動きの多さ華やかさが印象的な変身バンクに見えた。

キュアコスモ変身バンク(追加7/25)

【動画5】キュアコスモ変身バンク

キュアミルキーほどではないが、動いている感じはする。また、登場からしばらく経った後のプリキュア覚醒ということもあってか、それまで積み重ねたキャラに合わせたポーズが何箇所か入っている。追加キャラらしい華やかさもある。

総括

明らかにキュアスターの動きが少ない。キュアセレーネとキュアソレイユは同程度にスターより動く。キュアコスモは見せ方が上手く、コスモ、ソレイユより動きやアクセントが付いている印象。で、突出して動いているのがキュアミルキー。それに次ぐのがキュアコスモ。

なぜこうなった

このように4者(+追加1)の変身バンクは、それぞれ演出上の華やかさが異なるが、これは製作時の時間的余裕と原画担当の個性の問題かもしれない。キュアスターは初回から登場するので、準備期間が一番タイトであったとしても仕方がない。しかし、キュアスター、キュアセレーネ、キュアソレイユに比べ明らかにキュアミルキーの変身バンクは演出が異なる。これは誰かが何らかの理由でそうなるように判断したということである。その理由が気になるが、単にミルキーの原画担当が独断で自分好みの変身シーンを作り上げたという可能性が高い気もする。そして、「それならそうと先に言ってよ、自分達も勝手にするから」と他の変身シーンの原画担当が言ってそうな気もする。その意味で、追加プリキュアのキュアコスモには時間差があるので、程よい遊び心とキュアスターの流れも受け継いだ変身バンクになっている。

☆動画は全て「プリキュア公式YouTubeチャンネル」からのリンク