プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【スタプリ】惑星サマーン人の特徴と思考


第29話、第30話のララの里帰り回により、惑星サマーン人の特徴がいろいろ分かった。これについて整理する。

自分で思考しないことがアイデンティティ

惑星サマーン人の最も特徴的な性格がこれ。適性を見た仕事とか言っても、その適性は全てAIが評価している。で、AIのメンテナンスを人が行なっているという。ちょっと変わったというか、怖い形の独裁制となっている。

ナイーブな国民性

これは、自分で思考しないことからくるもの。AIに全ての判断を委ねると言っても、人と人とが生きるには人付き合いが必要。しかし、価値評価や善悪評価はAIが行うので、人に対する恨みというものはあまり生まれにくい。故にサマーン人はナイーブな性格の者が多い。

過剰な思いやり

ナイーブさの裏返しでもあるが、ララが追われる身になった際の家族の動揺は、サマーン人の特徴が出ていた。

受容性の高さ

これもナイーブさと関係するが、事実を受け入れる能力は高い。ララの兄ロロは、ララがプリキュアで、スターカラーペンを何本も所有していることも、何が起きても驚かないというスタンスで受け入れていた。AI評価最高ランクの自分が、最低ランクの妹に上回れたにもかかわらず、特に感情の昂りもなく受け入れていた。これはある意味すごい。AI評価を否定することをロロは受け入れたのであるから。