プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【スタプリ】生徒会長選挙にみるまどかの未熟さ


文武両道で何事もそつなくこなすと思われたキュアセレーネこと香久矢まどか先輩。しかし、第35話「ひかるが生徒会長!?キラやば選挙バトル☆」にて、その未熟さが露呈する。と言っても中学生としてなら、十分優れていると思われるが。

次期生徒会長像を見失うまどか

結果論ではあるが、この第35話は、まどかの人間的未熟さを描いている。これまで会長が次期会長を指名してきたが、その慣習を破り、立候補を募った。その理由が次の通りである。

わたくしは自分の思いを持ってこの観星中をよりよくしていける方に会長を引きつぎたいと思っています

しかし、結局、現行生徒会メンバーの中からは立候補者が現れず、まどか自身がひかるを立候補するように誘導し始める。これは、"自分の思いを持って"という条件に明らかに反する。しかしまどかはそれに気づかない。

ひかるを立候補させる根拠が自身の家庭での立場から見て認められない

まどかは、宇宙人との学生交流を進めるというアイディアを語るひかるに生徒会長となるに必要な素質を見抜き、立候補を勧める。しかし、まどかの父は、宇宙人の侵略を防ぐために、宇宙人の進入を阻止する業務を行う公務員であり、宇宙人が地球にいることがわかったら強制的行動をとることが明らかである。このためララも宇宙人であることを隠している。このような背景がありながら、宇宙人との学生交流を提案するひかるに立候補を勧めるのは、まどか自身のみならず、ララやフワにとっても危険なことである。これに気づかないまどかは、親に秘密を隠すことに慣れてしまい、隙のある状態であると考えられる。

ひかるの暴走に気付きながら直せない

ひかるが、生徒会長選において、本来のひかるらしさが無くなってきていることに気付きながら、何もしないままでいたこともまどかの限界と思われる。結果的にえれなに相談し、一緒にひかるのところに行く決心をするが、普通の生徒ならそれでも良いが、万能のまどか先輩としては、このようにタイミングが遅れたことを表すシーンが入れられたことは、今後、まどかの弱さがどこかで露呈し、問題を引き起こす可能性のあることを示唆している。

実は脆いまどかの万能性

この第35話で描かれたまどかの脆さは、更に別な話で今後露呈するのではないだろうか。今回は桜子さん回であったので、それほど問題にはならなかったが、今後、まどかの個人回において、この脆さが何らかの問題を引き起こし、それによりまどかが成長する話が描かれるのではないだろうか。

どうでもよいこと

ユニのネコとの屋根上階段シーンは良かった。地球のネコにも馴染むのね。