プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

【スタプリ】キュアミルキーは緑プリキュア


緑のプリキュアは少ない。これは商品売れ行きが良くないかららしい。正面から緑を名乗るのは、過去にはキュアミントとキュアマーチのみ。前作のハグプリでは、恐ろしいことに敵ボスの持つ本の表紙の模様に緑色が使われていた。その反動か、今作スタプリでは、緑プリキュアは主人公のピンクに次ぐ登場である。

f:id:cure_researcher:20190214081427j:image

【図1】緑色キュアであってほしいキュアミルキー(※)

本当に緑プリキュアなのか

まあ、微妙な色。青と言えなくもない。今回は追加があるか否か不明だが、キュアミルキー以外の初期メンバーはピンク、黄、紫。明確に青があればキュアミルキーは緑と言えるのだが。色相環的には、ピンクと紫が近い。紫の補色は黄色であり、ピンクの補色は緑なので、4人の補色関係のバランスからはキュアミルキーは緑プリキュアで良いと考える。過去の明確な緑プリキュアは、キュアミントとキュアマーチの2人のみだが、この2人のキャラクターは大きく異なる。キュアミントが包容力のあるおっとりした文系図書委員のお姉さんであるのに対し、キュアマーチは直球勝負の体育会系。今回のキュアミルキーはおっとりというよりぼーっとしている感じ。ピンクプリキュアや青プリキュアが例外もあるが比較的固定したキャラクターであるのに対し、緑は実例が少なくキャラクターが定まっていない感じか。

性格

描写が少なくまだよく分からないが、ひかるが何にでも興味を持てば進んでいき、切り替えも早いのに対し、ゆっくりスタートで、過去を引きずるタイプと思われる。現時点では、ひかると真逆のタイプとして描かれているように思える。

実は成人している

年齢はひかると同じであるが、ララの星では成人とのことで、ひかるより思考がしっかりしている。この設定はどう生きるのだろうか。ララが自分の星に戻った際に、良い意味でも悪い意味でも大人扱いされる等の描写があるのではないだろうか。

(※)東映アニメーション公式ページより引用
図1 http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/2/