プリキュアを読む

感想やまとめとは違う分析的なもの

ヒーリングっどプリキュア登場!いま分かること


「スター☆トゥインクルプリキュア」の次のプリキュア、つまり2020年2月開始の第17シリーズのプリキュアのタイトルは、「ヒーリングっど♡プリキュア」(Healin' Good ♡ Precure)となるらしい。明かされているのはタイトルロゴだけであるが、その限られた情報から分かることを最大限引き出していく。

申請されているタイトルロゴ(らしい)

f:id:cure_researcher:20191104083401j:image

ダジャレというか誤読を促すもの

「ヒーリングっど(Healin' Good)」は、「フィーリングッド(Feelin' Good)」を思い起こさせるためのダジャレであると気づく。このダジャレもしくは誤読を引き起こしそうなタイトルは意図的である。

過去の例

このような、誤読を引き起こしそうなタイトルは、過去のプリキュアシリーズにもある。第8シリーズの「スイートプリキュア♪」(SUITE PRECURE♪)は、「スイートプリキュア♪」(SWEET PRECURE♪)と読めるようになっている。こちらは、誤読と言っても、英語としても日本語としても同音異義語であり、意味のみ誤るケースである。英語表記を見ないと、SWEETが正しいと思ってしまうほどにスイートと言う言葉は、甘い感じがするのである。特にメインターゲットには、SUITEの方はなじみがない子がほとんどだったであろう。しかも英語のsuiteは、一揃い等の意味だから、英語タイトルの「SUITE PRECURE♪」は、和訳すると「プリキュア組♪」とか「プリキュア一行♪」等ということになり、あまりニチアサには相応しくないタイトルになったりする。なお、「スイートプリキュア♪」のアイテムに「ヒーリングチェスト」なるものがあるの。これは、偶然にしろ「スイートプリキュア♪」と「ヒーリングっど♡プリキュア」の間の誤読繋がりを感じる。「ヒーリングっどプリキュア」において、何らかの形で、スイート絡みの誤読が出てきたら、誤読タイトルの先輩シリーズへのオマージュとなるので、要チェックである。

読み取れるもの

このヒーリングっどプリキュアのタイトルロゴ。これがなかなか情報の宝庫であり、ここから次のプリキュアに関して読み取れるものは多い。以下に詳しく見ていく。

タイトル

まず、第17シリーズの新しいプリキュアのタイトルが分かる。まあ、それは当然なのだけれど、略称は何になるのだろうか。例えば「スター☆トゥインクルプリキュア」なら「スタプリ」、「HUGっと!プリキュア」なら「ハグプリ」のような略称が使われるようになったが、2020年度プリキュアは、ちょっと想像がつかない。これは「ヒープリ」とか「ヒグプリ」「ヒリプリ」といった単純でヒネリも可愛さもないものではなく、「俺ガイル」「CCさくら」のような天才的な略称を誰かが編み出すのを待つしかない。

テーマらしきもの

「ヒーリング」という言葉から、癒しがテーマであろうことも分かる。しかし、プリキュアはこれまでずっと戦う相手を倒すのではなく癒してきた。つまり、癒しはそもそもプリキュアシリーズ全体に流れてきたものであり、個別テーマとして改めて取り上げることの意味が今の所分からない。主人公たちは必ず義務教育期間中である中二設定なので、看護士養成学校や整体やマッサージ等の専門学校が舞台というのも考えられない。そもそもマッサージや医療は、直接体に触れる類のものなので、中学2年生では主体的に扱わせるのは無理である。そうなると、ヒーリングが指す癒しの内容は、アロマや音楽になるのか?アロマや音楽…しかし音楽はスイートでやってしまっているので、アロマか…宇宙妖精がアロマ店を開く展開か?タイトルロゴ中にも、ハート(=心)の形が散りばめられており、アロマによるリラックス効果で心を癒す…という設定は考えやすい。それはそれで何か怪しいし、メインターゲットである幼稚園、小学校低学年の子供に対し、アロマのリラックス効果を前提としたストーリー展開はちょっとやめた方が良いような気がする。子供達にとって、薬物のトリップ感の描写と区別がつかず、「ヒーリングっど♡プリキュア」で刷り込まれたアロマの良い印象が、将来、禁止薬物に手を出さないための心的障壁を下げる効果につながるのではないかと危惧するためである。まあでも、アロマ設定は便利であり、敵側が一般人の魂を吸い取り巨大怪物の核とするには、アロマの力は使いやすい設定であることは間違いない。

基本的にピンクと緑で構成されていること

ピンクとその反対色の緑をメインに用いたタイトルロゴである。ピンクはもちろんプリキュア主人公の色であり、メインで使われるのは理解できる。このため、緑の位置付けが気になる。これまで、特に最近は、緑はプリキュアとしてより敵側の色として扱われることが多かった。ただし、スタプリにおいては、敵側キャラが緑色のオーラを纏う等、やはり敵キャラの色として用いられていたが、プリキュアとしてではなく、ララがハロウィンで仮装したキャラであるミホッシーグリーンとしてではあるが、グリーンと名乗っている。これは緑プリキュア復権のサインとも取れる…そしてこの「ヒーリングっど♡プリキュア」でプリキュアにおける緑の完全復権となるならば、なかなか考えられた展開となるが、どうなるだろう。ピンクと緑は反対色であるということは、ストーリー的にも扱いやすいと考えられるので、是非ピンクとのペアプリキュアになってほしい。

謎のハートマーク

ヒーリングっどプリキュアのタイトルの中にあるハートが、大ハートの上に小ハートが3つ…と、特徴的なデザインになっている。これが何を表すかは現状推測しようがない。妖精の指もしくは肉球ともとれるが…そうだとした場合、指の数が異なるため犬猫モチーフではないということは分かる。しかしこれも、犬猫ではなく、犬猫タイプの妖精であるから、指の数が3本でも良いとされるかもしれないし…そもそも指でないかもしれないし。

植物?

「グ」と「ど」の濁点が、葉っぱのように見える。色も緑。癒し…植物イメージなのか?そうなると、ハーブアロマかぁ。まあ、大人の発想だけれど、プリキュアの敵は、一般市民の何らかのネガティブな気持ちを使って怪物を生み出すのが常であるが、ハーブモチーフの「ヒーリングっど♡プリキュア」だとしたら、ここもハーブになるのか?正義のハーブ対非合法ハーブみたいな…これ、見てみたいけれど、ダメなやつだ。植物と考えると、謎のハートマークは4つの葉、つまり四葉のクローバーを意味する可能性。なぜ1つの葉っぱが大きいのかは不明なのだが。なお、「Yes!プリキュア5GoGo!」のタイトルロゴにはバラの枝と花があしらわれていたが、これは追加プリキュアを暗示していた。それ以外には明確に植物がモチーフとなるロゴはない。フレプリは、植物の茎と葉らしき形状のものが描かれているが色が赤い。また、スイートは、緑色の細い線が複数描かれているが、これは五線紙イメージである。

結論

当たり前ではあるが、このタイトルロゴだけでは2020年の新プリキュアについて、はっきりとは分からない。商標登録は、番組宣伝のためのプレスリリースではなくて権利を守るためのものだから当たり前である。しかし多くの情報が含まれていた。さらなる情報が得られる次なる画像等の公開を待ちましょう。

【関連エントリー】

ヒーリングっど♡プリキュアの商標範囲